汚れやほこりを寄せつけず、お肌をきれいな状態にすることが、美肌の原則です。お肌をきれいにしておくことができなければ、肌の健康を守ることはできませんし、美容の維持もできません。美しい肌でいるためには、化粧をした時はその日の内に必ずメイクを落とし、スキンケアをしっかりして肌をいたわることが欠かせません。もしもクレンジングをないがしろにすると、その後のスキンケアがうまくいかなくなりますので、きっちりと顔を洗いましょう。クレンジングには、どんなに忙しい人でも、やっておくべきことです。クレンジングの後も、化粧汚れが顔についたままの状態では、肌荒れの要因になってしまう可能性が大きいといいます。クレンジング剤選びは、適切なクレンジングの使い方を覚えるのと同様に、きちんとしておきたいことです。クレンジング剤を選択する時に心がけるべきことは、自分の肌タイプを考慮に入れて商品を吟味することです。水ですすぐクレンジング、拭きとるシート型のクレンジング、クリーム、ジェル、ミルクなど色々なクレンジングが存在します。ミルク型のクレンジングは、肌への刺激が少なく、洗いやすいといいます。オイルタイプのクレンジングとは違って、皮膚を傷める可能性が少ないことが利点です。顔を洗う時にもミルククレンジングが使えので、朝晩、これ1本で顔を洗うことができるでしょう。クオリティの高いクレンジングを探す場合は、界面活性剤不使用のクレンジングにするという方法もあります。